台湾エレクトロニクス産業のものづくり - 長内厚

台湾エレクトロニクス産業のものづくり

Add: huzanexu22 - Date: 2020-12-07 17:12:24 - Views: 493 - Clicks: 3843

・簡施儀・長内厚・神吉直人「台南サイエンスパークにおける垂直統合型液晶産 業の形成-奇美電子創業者・許文龍氏が果たした役割-」『経済経営研究』No. ・呉杰・長内厚 () 「創業者の個性と企業文化─台湾鴻海グループと奇美グループの事例─」『早稲田国際経営研究』No. 長内厚・神吉直人編著『台湾エレクトロニクス産業のものづくり』白桃書房。 長内厚・榊原清則編著『アフターマーケット戦略』白桃書房。 主な論文 "Ambidextrous Management of High-Technology and Low-Medium Technology," Waseda Business & Economic Studies, No. 30, at Thunghai University, Taichung, Taiwan. 長内厚・神吉直人編著『台湾エレクトロニクス産業のものづくり』白桃書房。 長内厚・榊原清則編著『アフターマーケット戦略』白桃書房。 主な論文 編集 "Ambidextrous Management of High-Technology and Low-Medium Technology," Waseda Business & Economic Studies, No. 「台湾エレクトロニクス産業のものづくり」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができる. 台湾エレクトロニクス産業のものづくり : 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路.

白桃書房,. 長内厚, 神吉直人編著. 台湾エレクトロニクス産業のものづくり 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路本/雑誌 / 長内厚/編著 神吉直人/編著 0.

立本博文 「アーキテクチャ研究再考」所収 藤本隆宏編『「人工物」複雑化の時代』有斐閣, 第4章(133-168頁),. 台湾のエレクトロニクス産業は,1980年代のIT・半導体産業の勃興を契機とし,短期間 に国際競争力を有するまでに成長した。台湾の産業の急速な成長は,台湾政府の経済政策の 奏功であるとの指摘がある(青山,1999;Mathews, 1997)。経済政策面における政府の果た. 組織学会評議員、『組織科学』副編集長、国際戦略経営研究学会理事、映像情報メディア学会編集委員、ソニー株式会社品質プロジェクト室外部アドバイザー、台湾奇美グループ新視代科技顧問(Marketing Director)、ハウス食品グループ本社中央研究所顧問、公益財団法人日本台湾交流協会(外務省・経済産業省などの台湾政策窓口機関)貿易経済部日台ビジネスアライアンス委員などを歴任。学術論文・書籍だけでなく、ダイヤモンドオンライン、日経ビジネスオンライン、日本経済新聞経済教室、講談社現代ビジネス、台湾今周刊(Business Today)、台湾財訊(Wealth Magazine)などでコラム執筆活動を行う。The Wall 台湾エレクトロニクス産業のものづくり - 長内厚 Street Journal、Washington Post、Reuter、Bloomberg、第一財経(中国)、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞、朝日新聞、産経新聞、NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビ、読売テレビ、TBSラジオ、J-Waveなど国内外メディアの出演、インタビュー掲載多数。. 「台湾エレクトロニクス産業のものづくり 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路/長内厚/神吉直人」の通販.

台湾エレクトロニクス産業発展史 意図された学研都市のシステム・デザイン--台湾新竹サイエンス・パークにおける半導体産業の創出 台湾エレクトロニクス産業の歴史 -際だったモジュラー型産業形成の背景-. · 主な著書に長内厚・榊原清則編著()『アフターマーケット戦略』(白桃書房)、長内厚・神吉直人()『台湾エレクトロニクス産業の. ・宮本達郎・長内厚 () 「資源動員の正当化プロセスへのユーザー参加 -JVCケンウッドとソニーの新製品開発におけるクラウドファンディング活用事例-」組織学会九州支部第74回例会, 年3月30日, 九州大学. 26, at Cathay Financial Conference Hall, Taipei, Taiwan. イノベーションと価値創造(夜間主総合ゼミ) 技術経営演習(全日制グローバルゼミ) 技術とイノベーションのマネジメント研究指導(商学研究科博士後期課程ゼミ) 技術・オペレーションのマネジメント イノベーション・マネジメント(英語科目名:Innovation Management) 技術と戦略 製品デザイン・開発論 社会科学研究法 実践事例研究. 長内 厚への講演依頼・講師派遣ならシステムブレーンへ。専任スタッフが企画から実施までサポートします。ご相談無料。. 長内厚 | 商品一覧 | 本・雑誌・コミック | HMV&BOOKS online | 長内厚の商品、最新情報が満載!CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う、国内最大級のエンタメ系ECサイトです!. 授業の概要 台湾のエレクトロニクス産業は強い技術力、開発力を持ちながら、台頭する中国企業の脅 威にさらされ生き残りのための戦略転換が迫られているという点において、日本のエレク トロニクス産業と共通する状況を持つ。.

所属 (現在):早稲田大学,商学学術院(経営管理研究科),教授, 研究分野:経営学,小区分07080:経営学関連, キーワード:技術経営,イノベーション,顧客価値,研究開発,経営戦略,技術統合,製品開発,日本企業,定性研究,製品開発論, 研究課題数:7, 研究成果数:65, 継続中の課題:オープン. 立本博文 「半導体産業における投資優遇税制」所収 長内厚・神吉直人『台湾エレクトロニクス産業のものづくり』白桃書房, 第10章,. ・長内厚・陳韻如「第 2 章・台湾エレクトロニクス産業発展の歴史」 pp. 台湾エレクトロニクス産業のものづくり - 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路 - 長内厚 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. Amazonで長内 厚, 神吉 直人の台湾エレクトロニクス産業のものづくり: 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路。アマゾンならポイント還元本が多数。長内 厚, 神吉 直人作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

第1節 エレクトロニクス産業にみる東アジア企業の急激なキャッチアップ 本節では,東アジアのエレクトロニクス産業の発展プロセスの特徴を,いくつかのデ ータから検討する。主に台湾,韓国の事例を通じて,後発工業国によるキャッチアップ. 年12月-. ・長内厚 () 「産業用機器ビジネスにおける意味的価値創造と技術. ・宮本達郎・長内厚 () 「資源動員の正当化プロセスへのユーザー参加 -JVCケンウッドとソニーの新製品開発におけるクラウドファンディング活用事例-」年度組織学会研究発表大会, 年6月1日, 駒澤大学.

・阿部靖史・長内厚 () 「イノベーションの促進要件としての「制約」─日本のF2戦闘機における炭素繊維機体開発事例─」『早稲田国際経営研究』No. 目次 : 今、なぜ台湾を議論するのか/ 台湾エレクトロニクス. 台湾エレクトロニクス産業のものづくり: 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路 長内 厚 、 神吉 直人 | /5/23 単行本. () “Which is better for innovation, regulation or deregulation? com PayPayモール店 | 台湾エレクトロニクス産業のものづくり/長内厚. 台湾エレクトロニクス産業のものづくり : 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路: 著者: 長内厚, 神吉直人 編著: 著者標目: 長内, 厚, 1972-著者標目: 神吉, 直人, 1978-出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 白桃書房: 出版年月日等:. 【送料無料】 台湾エレクトロニクス産業のものづくり 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路 / 長内厚 【本】. 赤門マネジメント・レビュー 7(12) p.

4(0), 7-12,. 台湾のエレクトロニクス産業の強さは、徹底的な水平分業による開発スピードとコス ト・パフォーマンスによってもたらされ、日本がすりあわせを得意としたものづくりによ. 長内 厚(おさない あつし、1972年 - )は、日本の経営学者。早稲田大学ビジネススクール(早稲田大学大学院経営管理研究科)教授。ビジネス・ブレークスルー大学大学院客員教授。早稲田大学it戦略研究所研究員。早稲田大学台湾研究所研究員。. これらの研究成果の多くは今後論文や書籍にまとめる予定であるが、一部の成果は年5月近刊の長内厚・神吉直人())『台湾エレクトロニクス産業のものづくり』白桃書房、あるいは学会報告、Atsushi Osanai () "Mechanistic organization adapiting to tublent. : Comparison of Porter hypothesis and Sandbox,” APEC SME O2O Summit on SME Embracing Digital Transformation, Jun. See full list on waseda.

【tsutaya オンラインショッピング】台湾エレクトロニクス産業のものづくり/長内厚 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤ. 1997年、京都大学経済学部経済学科卒業後、ソニー株式会社入社。ブラウン管テレビ事業部門の商品戦略スタッフ、商品企画業務に従事した後、同社の薄型テレビ事業立ち上げ、ネットワークサーバ等映像関連商品の商品企画、技術企画を担当。ソニーユニバーシティ(社内大学)と筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士前期課程経営システム科学専攻で戦略論、組織論を学びながら、新規事業部門のプレジデント付商品戦略担当を務める。~年に業務留学として京都大学大学院経済学研究科ビジネス科学専攻博士後期課程編入学。年に博士(経済学)取得後、ソニーの上司のバックアップもあり、研究者に転身。同年、神戸大学経済経営研究所准教授着任。年、早稲田大学商学学術院准教授。年より現職。早稲田大学IT戦略研究所研究員、早稲田大学台湾研究所研究員兼任。~年にハーバード大学the Graduate School of Arts and Sciences客員研究員、~年に台湾東海大学国際学院訪問教授、京都大学経営管理大学院私学研修員、年~現在、九州大学大学院経済学府客員教授、ビジネスブレークスルー大学大学院客員教授などを務める。. 台湾エレクトロニクス産業のものづくり―台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 日本・台湾のものづくりにおける協力と競争(21年度第3回研究会) 蔡 錫勲, 長内 厚, 神吉 直人 映像情報メディア学会技術報告 34.

Pontaポイント使えます! | 台湾エレクトロニクス産業のものづくり 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路 | 長内厚 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 【ゆうメール利用不可】。台湾エレクトロニクス産業のものづくり 台湾ハイテク産業の組織的特徴から考える日本の針路本/雑誌 / 長内厚/編著 神吉直人/編著. 『台湾エレクトロニクス産業のものづくり』 ・長内厚・神吉直人「第 1 章・今、なぜ台湾を議論するのか」 pp. () “Creating premium value in solution businesses by general purpose technology: cases of Komatsu’s Komtrax and Sony’s broadcasting equipment,” International Conference of Association for the Study of Industrial Management Japan, Aug.

台湾エレクトロニクス産業のものづくり - 長内厚

email: ekinuj@gmail.com - phone:(702) 590-2211 x 7005

(216)3年連用ダイアリー・ソフト[H判](ブラック) - 新井正明 わが体験的古典論

-> ジャーナリストからみた戦後高校教育史 - 黒羽亮一
-> まるごとラスカル

台湾エレクトロニクス産業のものづくり - 長内厚 - 横濱中華街


Sitemap 1

A to Z - 葉芝真己 - 音楽之友社 音楽大学 学校案内